背景イメージ1 背景イメージ2

旅の記事

New post

背景イメージ3

《五島市》非日常体験を楽しみたいなら迷わずココ!西の楽園【NANGORA HILLS】


長崎のリゾート地、五島列島青い海、自然豊かな土地は沖縄に匹敵するほど。

その中でもオススメなグランピング施設【NANGORA HILLS (ナンゴラヒルズ)】さんに、実際に宿泊してきました!

とてもお洒落で、野性的だけど現代的。海も山もすべてが充実していました♡

「glamping グランピング」とは、glamorousとcampingの合成語で、大自然を楽しみながら高級ホテル並のサービスが受けられる施設類を指す(別名:luxury camping(豪華キャンピング))。 Wikipediaより

 

福江港と空港から車で約8分(4.5㎞)という良好なアクセス。元々は草木が生い茂った山を開拓し、あらゆる施設をオープン。その中の一部をご紹介します。

グランピングテント

●利用人数:1名様~4名様

●冷暖房完備・冷蔵庫

●キングサイズベッド①

●シングルマット②

●チャコール式BQQグリル

これぞ、グランピング。設備が充実していることはもちろん、このロケーションは中々体験できません。離島だからこその魅力。

キャンプで使うテントの中には、キングサイズのベットが!!

BBQコンロの目の前は、真っ青な海。開放的な空間で、外の食事を楽しめます。




グランピングコンテナ

●利用人数:1名様~3名様

●冷暖房完備・冷蔵庫・TV

●シングルサイズベッド②

●ソファベッドセミダブル①

●ガス式BQQグリル

貨物輸送で使われる”コンテナ”がお洒落なハウスへ大変身。今回、我々が宿泊したのはこちら!

外のウッドデッキには、BBQコンロとソファーが。これだけで、セレブの休日を味わえる♡

 

 

 

中はベッドが2台、ソファーベッドが1台。天井にはシーリングファン。真夏でも、空調がよくいきわたり快適に過ごせます。何もしないで、ここでゆったり過ごしたい♡


その他、最大6名様まで宿泊可能なキャンピングトレーラーや、最新キッチンやテレビ付きお風呂があるハイテク古民家など宿泊施設がまだまだあります。詳しくはこちら➡ ナンゴラヒルズHP


(展望露天風呂)南河原・天空の湯 <要予約>

お風呂は海を一望できる展望露天風呂!無人島群を眺め、時にはフェリー入港の様子を見られることも。

夜は、星空を一望。なんともロマンティック。のぼせてしまうほど、長風呂注意です。

※通常のお風呂も、別に用意されています。

脱衣所にはドライヤーや櫛(消毒済)を完備で、女性も安心。


トイレは外に備え付けられてある場所か、施設内にもあります。

 



BBQ

備え付けのコンロでBBQを決行することに!!食事付きプラン(要予約)もありますが、今回は近隣にあるスーパーなどで調達した食材でBBQを行いました。参考までに、ご紹介します♩

ナンゴラヒルズから車で8分のところにある、産直市場 五島がうまい

「産直市場 五島がうまい」には五島牛・五島豚やおみやげ品など地元産の食材を取り揃えております。生産者とJAが一体となり、地産地消や五島産ブランドの確立に取り組んで参ります。 五島がうまいHPより

五島産ブランドの食材がいっぺんに手に入ります。おみやげ品も豊富で、名物かんころ餅や焼酎や椿油などの特産品もあります。地産地消の食材にこだわるならココ!


五島シティーモール

こちらもナンゴラヒルズから車で8分。前述で紹介している”五島がうまい”の目の前にあります。こちらはスーパーで、100円均一ショップも入っているので、お肉や野菜以外の麺類やドリンク、小道具などの調達が存分に可能です。


食材調達のスーパーが近くにあるので、とっても便利。

海の幸、山の幸、五島のうまかもんを自己流アレンジで思う存分頂きましょう!

 

調味料(タレや塩コショウなど)の一部は、施設にも準備してあります。野菜などのカットは、施設の台所を貸し出してくれるので、包丁などの準備もいりません。

コンロの使い方や注意事項など説明がありますので、施設の方のお話をよく効いて、マナーを守って利用しましょう♪

 



店舗情報

店名 NANGORA HILLS -ナンゴラヒルズー
住所 長崎県五島市平蔵町454
TEL 080-8950‐9910
※HPからご予約の上、TEL要。
Wi-Fi 一部施設有
P
ホ―ムページ https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

投稿者

毎熊 晃子

毎熊 晃子

長崎県大村市出身。地元フリーペーパーの企画・営業・編集・文章・撮影などデザイン以外全て担当。観光だけじゃない!長崎の魅力を独自の視点から発信しようと、WEBメディアを立ち上げた。

この記事をシェアする