背景イメージ1 背景イメージ2

旅の記事

New post

背景イメージ3

紅葉を見るなら島原に行くべき。~島原の紅葉スポットと日帰り温泉5選~


秋が深まり、日が短くなってきました。

街を歩けば街路樹の葉も色付き始めています。長崎県は海と山が混在する地域。各所で紅葉なキレイな場所があります。

その中でも!!長崎屈指の紅葉スポット「島原半島」がおススメ。

11月が見頃となる紅葉は、想像以上に寒い。。そんな時は、「雲仙温泉」に行ってほっこり温まりましょう。

 

<目次>

  • 島原半島の紅葉スポット。
  • 日帰り雲仙温泉で冷えた身体をあっためよう。
  • まとめ

 

 

■島原半島の紅葉スポット

仁田峠
雲仙市の紅葉スポットといえば、ロープウェイがある「仁田峠」が定番。長崎県内だとこちらに行く方が多いのではないでしょうか。標高1080mの仁田峠から妙見岳山頂へ向かうにつれ、紅葉の色づきが濃くなり、グラデーションが楽しめます。

見頃:10月下旬~11月上旬
住所:雲仙市小浜町雲仙仁田峠

 

三十路苑
三十路苑は六兵衛茶屋の経営者が、8,000坪の自宅裏山にもみじを植えだしたことが始まりとされています。広大な敷地を色鮮やかな紅葉と庭園で、心穏やかに過ごせます。夜はライトアップされてとても幻想的。

公開期間:2019年11月17日(日)~12月1日(日)
料金:昼、夜問わず大人500円(4人以上の場合は、一人400円)
開園時間:9時00分~21時30分
住所:雲仙市小浜町南木指1870-4
★公開期間中はグルメや雑貨店が日替わりで出店するイベントを開催中 ➡ 三十路苑+ir
 
 
鮎帰りの滝
南島原市にある、雲仙天草国立公園の観光名所「鮎帰りの滝」。ここを訪れた絵師が、あまりの絶景に筆を捨てたといわれるほど美しい”白糸の滝”です。夏は涼を求めて多くの人が訪れますが、秋は木々の葉が川に落ち水面にコントラストを映し出すので、また違った楽しみ方が出来ます。穴場です!
 

見頃:11月中旬
住所:南島原市有家町尾上4664
●その他紅葉スポットはこちらへ➡ ながさき旅ネット (外部リンク)
 

■日帰り雲仙温泉で冷えた身体をあっためよう。

雲仙は紅葉する植物が120種類を超え、国の天然記念物に指定されています。
そんな貴重な紅葉が長崎県内にあるなんて、行かないともったいない!

11月は朝晩冷え込み、紅葉ともなると山の中。体感温度はさらに低めに。
そんなときは、温泉につかって温まりましょう。

雲仙は温泉の宝庫。日帰りで行ける施設を一覧でご紹介します。

 

1, 東園(あずまえん)

半身浴付きの大浴槽・露天風呂・檜風呂にサウナもあり、大きな窓から湖面がみえます。まるで、湯船とつながっているかのよう。景観が壊れないよう細部にまでこだわりがみえます。

時間 12:00~15:00
料金 大人 1,800円  子供 900円

▼ご宿泊予約はこちら

 

2, 雲仙スカイホテル

雲仙地獄より直接入湯した源泉かけ流しの大浴場や、露天風呂があります。雲仙温泉街のちょうど真ん中に位置しており、地獄めぐり入口まで徒歩1分。観光にも最適です。

時間 11:00~21:00(不定休)
料金 大人 700円  子供 400円

▼ご宿泊予約はこちら

 

3,  湯快リゾート 雲仙東洋館

2018年10月にオープン。最上階にあるパノラマビューの展望露天風呂は見晴らし最高。雲仙の大自然を一望できます。大浴場・サウナといった設備も充実。

時間 9:00~23:00
料金 【A日程】大人500円(税込)、3歳以上小学生まで450円(税込)、3歳未満無料
【B日程】大人1000円(税込)、3歳以上小学生まで450円(税込)、3歳未満無料
※A日程・B日程については湯快リゾート公式HPでご確認ください。

▼ご宿泊予約はこちら

 

4,  雲仙福田屋

木のぬくもりを感じ、和モダンの雰囲気で懐かしさを感じます。お風呂は源泉かけ流し。窓を開けると、清水川のせせらぎや竹の葉の音が聞こえてきます。山カフェ「力(リッキー)」も立ち寄ってみて。

時間  12:00~21:00(最終受付 20:00)
料金 大人 1,000円  子供 500円

▼ご宿泊予約はこちら

 

5,  雲仙みかどホテル本館

少し離れて南島原方面。2015年にリニューアルオープンした天空の湯。昼は有明海を眺望し、夜は星が舞い落ちてくるような星空に包まれます。ビュッフェ付きのプランもオススメ。

公式サイト

▼ご宿泊予約はこちら

 

まとめ

定番や穴場までご紹介しきれていない場所がまだまだありますが、比較的誰でも行きやすい場所を選んでご紹介させて頂きました。海があって山があって温泉があって、ご飯が美味しい。こんなに恵まれた県ってあまりないですよね。自然の恵みを思う存分味わってください♪

 

投稿者

LOYPI

この記事をシェアする