背景イメージ1 背景イメージ2

旅の記事

New post

背景イメージ3

<のもざき水仙まつり2020>に行ってきたよ。


2020年が幕を開けてすぐの1月5日。

長崎市の南部に位置する野母崎町で、水仙まつりが始まりました。

➡イベントの詳細はこちら

 

長崎市内から、海沿いの道を車で走らせ約40分。

夫婦岩・高浜海水浴場・田ノ子島といった、思わず足を止めて写真を撮りたくなる観光名所を通りすぎると、小高い丘が見えてきます。

大きな看板が掲げられていたので、入口はすぐにわかりました。

グラウンドらしき場所に、臨時の無料駐車場が設けられいます。

 

 

駐車場の目の前にある広場には、地元の飲食店による出店がズラリ。

 

 

海沿いともあってこの日はなかなかの強風。

帽子を被るさいには、注意が必要です。

水仙の里は「かおり風景100選」にも選ばれている。

丘はいくつかある模様。まずは、広場から近い丘から登ることにしました。

急勾配の坂道をちょっとした山登り感覚で駆け上がり、ひとつめの丘?の頂上に到着!

 

 

え?なにかの遺跡??

と思わせる石の山。石に登る人たち多数。

まぁ、これは登りたくもなりますよね。

近くにいたちびっこは、登ったはいいものの降りれなくなって「うえーん。゚(゚´Д`゚)゚。」

どうして子どもは怖がるのに高いところが好きなんだろ~?

 

 

こちらは、「かおり風景100選」に長崎県で唯一選定されているようです。

「かおり風景」という名所をここで初めて知りました。

レベルが1上がりました。

 

 

丘の緑色の部分は、よーく見ると全部水仙なんですよ。(2020.1.5現在で6分咲き)

日ごろの運動不足が怠って、ぜーぜー言いながら山登りならぬ丘登り。

息を吸い込むたびに、甘い水仙の香りが舞い込んできます。

途中、アスレチックのような階段があるので、アドベンチャー気分も味わえます。

 

 

2つ目の丘の頂上に到着!

こちらは広場になっています。

 

 

ここからは、先ほどの遺跡(のようなもの)が良く見えます。

遠くから若者がこちらに向かって手を振っていたので、開放的な気分のまま手を振り返すと、近くにいた若者が手を振っている若者の写真を撮っていました。

あ、違った。恥ず。(笑)

 

 

水仙と軍艦島。海と空のコントラストで写真映え間違いなし。

高台なので、どの場所からでも見える世界遺産・軍艦島。

水仙×軍艦島を撮るために、上等なカメラをもった人がたくさんいました。

私も負けずと撮影。

望遠レンズを忘れた自分を何度呪おうとしたことでしょう。

 

 

あらゆる場所が撮影スポット。

風景や花、ポートレート、いろんなスタイルで楽しめます。

一眼レフやミラーレスといったカメラでなくても、スマホで十分キレイな写真が撮れますよ。

 

iPhone X ポートレートモードで撮影

 

このような顔出しパネルや、SNS用フォトスポットも有り。

友達や家族で思い思いの撮影が楽しめます。

この写真については、あえて触れないでおきましょう(笑)

 

土・日・祝日限定で水仙がもらえる。

 

週末にはなんと、水仙のプレゼントがあります。

ロマン長崎の爽やかイケメンの方に手渡しされました。

今年もいいことありそう。

 

 

風景の他に、グルメも充実しています!

開催は1月26日(日)まで。

 

海がきれいな長崎南部エリア、まだまだ楽しめる場所はたくさん!!

お出かけは、遠くもなければ近くもない。

ちょっと遠くへ出かけてみましょう。

 

 

投稿者

毎熊 晃子

毎熊 晃子

長崎県大村市出身。地元フリーペーパーの企画・営業・編集・文章・撮影などデザイン以外全て担当。観光だけじゃない!長崎の魅力を独自の視点から発信しようと、WEBメディアを立ち上げた。

この記事をシェアする